ちー母のお気楽な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 落ち葉のコンチェルト

<<   作成日時 : 2011/09/28 22:50   >>

トラックバック 0 / コメント 6

リリアンに挑戦!

画像


リリアンとはいっても、子供のころにやったのとはずいぶん違う。
私が子供ころは、駄菓子屋さんにリリアンの道具が売っててねぇ。
プラスチックの筒に、釘が5本打ってるだけのシンプルなもの。


先生が、初心者向けのキットを探してくれたので、買ってきたのが7月。
やっと作ってみた。
まさしく「手加減」が難しい・・・・・

画像

画像


リリアンのいいところは、間違っててもわからないとこ(爆)





落ち葉のコンチェルトはこの↑本に載ってます。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビーズでかんたん!リリアン編みのアクセサリー (レッスンシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あ!リリアン!!
これこれ、とっても気になっていたのです。
どこかで紹介されていて、人気が出たらしく、
春には売り切れていたものです。
やっぱり手加減が難しいのですね〜。
凝った感じに仕上がるのが楽しそうなんですけど
時間はかかりますか?
ツェツェ
2011/09/29 00:02
ツェツェさん
本のリンクを貼っておきました。
でも新しい本の方が品切れなのね。
編み始めちゃえば早いけど、テグスにビーズを通すのはかなり面倒です・・・・
ビーズクロッシェは、針を使えるのである程度のスピードでビーズを通せるけど、このネックレスはテグスなので。
おまけに老眼が始まってる私にはかなりきつい(爆)

子供のころに作った時は、最初は星形に糸を渡して、次はぐるっと1周して、って感じだったけど、今は違うんだよね。
次は、リリアン糸(専用のがあるんだよ)で作ってみますね。
ちー母
2011/09/29 13:33
懐かしいな〜〜リリアン!!

>子供のころに作った時は、最初は星形に糸を渡して、次はぐるっと1周して・・・

そうでしたね〜〜、でも今は違うのね。
テグスに通したビーズをリリアンに編んでいくのだろうと想像しているけど
テグスに通した時点でビーズの種類や色の順番を決めていたら
配色は自然に出来あがるの?
良く見ると、木の葉形のシルバーパーツも交じってるね。
とっても素敵♪♪

先日の一点ものオリジナル作品
とっても評判良くて、私が作ったわけでもないのに鼻が高いです^^

アマゾンリリー
2011/09/29 21:54
アマゾンリリーさん
今は、ピン1本ずつに糸やテグスをかけていきます。
このピンの部分がはずせるので、デザインによっては4本ピンにしたりします。
テグスではランダムに並ぶので、それが良さだったりします。糸だと組みひものようになるので、またちょっと変わった感じになるみたい。(まだ作ってないからはっきり言えないけど)

何度もメールのやり取りをして試作するのは、とっても楽しかったよ〜!
ちー母
2011/09/29 23:32
リリアン、最近密かなブームみたいですよね。おしゃれ工房でもずっと前から取り上げていてへえ〜!と見ていました。そうそう、昔はピンク色のプラスティックの奴でしょ?知ってる、よくやってました。訳も意味もなくただ、長〜く編んでた記憶が。 最近のはちゃんと木でできたステキな編み具があるんですよね。針も5本だったり、7本だったりなかなか奥が深そうです。
mint
2011/09/30 13:26
mintさん
おしゃれ工房に出演されてた先生(関せんせい)は、私の先生と仲良しなので、関せんせいオリジナルキットもお願いすると買えるんですよ。
そうそう、私もただただ長〜く編んでましたよ(笑)
ちー母
2011/09/30 19:49
落ち葉のコンチェルト ちー母のお気楽な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる