ちー母のお気楽な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 殿

<<   作成日時 : 2011/02/28 19:08   >>

トラックバック 0 / コメント 2

久しぶりに言葉の話。


1月2月と、当番でこの社宅の班長をやっていた我が家。
最後の仕事が、2か月に1回の社宅費の集金。

私が子供のころ住んでいた社宅では、班長さんが1件1件集金していたけど、ここでは班長の家の新聞受け(玄関扉)にお金を入れた封筒を落としていくようになっている。
領収書はないので、信用取引というか・・・・

その封筒に自分の名前を書いてあるのは当然だけど、私はいつも「お世話様です」とか「よろしくお願いします」とかひと言書き添えるようにしている。


今回その集金で、封筒表に大きく 「班長殿」 と書いてきている人がいた。
それを見て思わず
「この人社長さん?ずいぶんデカイ態度だこと!」
って言ったら、ちー父には通じなかった・・・・・・

私は「殿」というのは、格上の人が格下の人に対してつける敬称だと思っていたし、会社内で使われるもので一般的なものではないとも思っていた。

ちー父は、単純に
「殿って昔の殿様のことだろ?だったら最上の敬語なんじゃないの?」という。
(あなた、今、殿に様つけてるじゃないって思ったんだけどさ)

こういうときはしっかり調べないと気が済まない性格なので、調べた。

http://www6.ninjal.ac.jp/kotoba_faq/110.html

一応、昔先生だった面目は保てたかな。



しかし、ちー父に笑われた表現もある。
それは「おつかれさまでした」

新卒のころに、先輩教員に言われたことが大本になってるんだけど。

私と同期の新卒君が、「お疲れさまでした」と言って帰って行った。
それを聞いた先輩教員が、私がいるのを知ってか知らずか
「一番の下っ端が、お疲れ様って言って帰るの?今年のは常識ないね〜」
とおっしゃった。
それ以来、私が職員室を出るときは中にいるのが先輩だろうと同期だろうと常に
「お先に失礼します」となった。

教員を辞めてもう20年近くたつのに、いまだに「お疲れさまでした」を使うのはとても抵抗がある。

ちー父は、「ご苦労様は目上に使っちゃだめだけど、お疲れ様はどっちもOKなんじゃないの」という。
これも調べてみた。
一般的には、ちー父説が定説。
でも、こんな記事もある。

http://nihon.at.webry.info/200608/article_13.html

日本語はむずかしいねぇ。


チョコスケの挨拶は着実に増えている。
「おはようございます」
「おやすみなさい」
「いってらっしゃい」
「よろしくおねがいします」
「おつかれさまでした」

今度
「ごくろうさまでした」
「ごちそうさまでした」
を教えることにしよう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うんうん、私もあるよ、悩んだ事。
特に「お疲れ様」は難しいね。
以前、私達の為に外部の方が凄〜く苦労して成し得た仕事に対して、うっかり「ご苦労様です」って言っちゃったんだよ。ハッと気付いて落ち込んでたら、上司が「良いんじゃないのか?」って言ってくれました。
感謝の気持ちが入ってるから。。って。日本語、難しいぞ!

でもやっぱり「じゃないですかぁ〜」は未だにダメだ、私。
ジェイ
2011/02/28 19:32
ジェイさん
毎月ビーズ教室のとき、「先生へはありがとうございました、でいいんだよな。みなさんへはお疲れさまといってもいいんだろうか」ってけっこうまじめに悩むんです。
相手が「お疲れ様」っていっても。私は言えなくってね。
ちー母
2011/03/02 17:35
殿 ちー母のお気楽な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる