ちー母のお気楽な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 甥はオカメ好き

<<   作成日時 : 2011/01/19 19:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

loftでこのクリアファイルを衝動買い。

画像

今年はうさぎ年のせいか、犬、猫の他にはうさぎが圧倒的に多い。
そんな中に、このオカメちゃんがおりました。
色がチョコスケみたいなので、代用?(笑)



甥はオカメインコが飼いたいんだそう。
ペットショップに行くと、オカメちゃんの前から動かないんだとか。

以前にも記事にしたけれど、甥には発達障害がある。
でも、最近では我慢することも覚えてきたようにみえる。
正月の帰省中もこんなことがあった。

甥はみんなが見てるTV番組とは違うものが見たくて、かなりイライラしていた。
大きな声を出すかなと思って見ていたら、ただだまって妹をじっと見てる。
妹は目で「我慢しなさい」と訴えて、甥は必死に我慢しようとしてる感じ。
結局、甥は大きな声も出さず、みんなと同じ番組を見始めた。

その様子を見ていたら、甥が愛おしくて、携帯をワンセグにして甥の見たい番組を受信して
「これなあんだ?!」と渡した。
すばらしい笑顔だった。
「場所によっては映らなくなるから、その時は映る場所を探すんだよ」というと、甥はまるで携帯から水がこぼれるんじゃないかっていうような仕草で、そろりそろり歩いてベストポジションを見つけた。

携帯でテレビが見られることはまだ知らなかったようなので、そのあと妹には余計なことしてごめんと謝った。



先日も、発達障害の我が子の将来を悲観して、母親が子供に手をかけてしまうという事件があった。
悲観する前に、前向きにいろいろ動いてほしい。

妹が、甥の様子がおかしいと気付いたのは3歳のとき。
甥はそのころから療育施設に通い、今も小学校の支援教室に通っている。

甥も小さい時は、すぐに金切り声を出したし、いつもまわりに関係なく大きな声で一人で喋っていたし、まともな会話をするのは大変だった。
でも小学3年生の今、ほとんどそれらの症状はみられなくなった。
いろいろな人たちのおかげだろう。

年末に甥は母にこんな電話をしてきたそうだ。

「ばあちゃん、お年玉のことなんだけど。僕ね、もう穴のあいたお金はいらないから。でも10円も1円もいらないから。
お札でもいいよ」

ゲームセンターで使える100円がたくさんほしかったらしい(笑)
うちがあげた1000円は、即座に母に100円10枚に変えてもらい、何度も数えてニタニタしてた。
もう両替も普通にできるそうだけど、彼にとっては1000円札1枚より、100円玉10枚のほうが価値があるらしい。


甥を見てると発達障害ってなんだろうって思う。




妹の家は、うさぎを2匹(2羽)飼っているので、オカメちゃんのお迎えは当分ないらしい。
それもわかっていて、甥はオカメちゃんを見つめてるのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

甥はオカメ好き ちー母のお気楽な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる