ちー母のお気楽な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 釈然としない

<<   作成日時 : 2010/11/15 18:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

現在の我が家は、昭和40年ごろに建てられた社宅。


トイレはもちろん和式だし、アルミの窓枠の外側に鉄の窓枠が残ってたりして、さすが私と同年代!という感じ(笑)

そんなこの社宅、ガスと水道のメーターが、家の中にある。
(電気は外にあります)
だから検針時期になると、こんな紙がポストに入ってる。

画像
ガス(民間のガス会社)


自分でメーターをみて、その数字を書き込んで、この紙を玄関に貼っておく。
そうすると、ガス屋さんが回ってきてその用紙を回収して、使用量のお知らせをそれぞれの家のポストにいれてくれる。
2度手間だけど、ガスはずっとこの方法。

水道も(2か月に1度)この方法だったのに、最近変わった。

画像
水道(市営水道・検針は委託業者)


何の予告もなくこの用紙がポストに入ってた。
連絡ってどこに?と思ったら、下の方に小さく電話番号が。
9月の検針時は、電話番号が間違ってプリントされててさ。
以前の領収書を探し出して、そこに電話してイヤミたっぷりに教えてあげた。


『いきなりこの紙が入っていて、方法が変わったとも何とも書いてないのは不親切ですね。
おまけにそちらの電話番号が間違ってるみたいで、現在使われておりませんって言われて、私はわざわざ調べちゃいましたよ』


今回は、電話番号が修正液で直してあった。
それにさ、この電話番号って普通の番号なんだよね。
なんで、フリーダイヤルじゃないのさ?

ここは社宅だから、我々居住者は自分の意志でメーターを隠してるわけじゃない。
検針を市から委託されてるこの企業が、本来なら何度も足を運んでやるもんなんじゃないの。
この委託業者が楽をしたいがためのこのやり方に、我々利用者は有料で水道のメーターを教えてやってるってことでしょ。


金額的には微々たるもんだけど、その考え方がもろお役所で、なんとも言えないのよね・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
変わってますね〜!こういうやり方、初めて聞きました。我が家も相当古いけど、メーター類は全部外だよ。社宅だからかしらね。
こっちから電話するんだよね?フリーダイヤルが当然と思います。電話の事を含めて、企業の姿勢の問題ですね。時代が変わっていくのを感じていないんだと思います。

こっちはね、冬の間水道メーターが雪に埋もれて見られないから、雪の間は各家の平均値を出し、「概算」で水道料金が請求され一旦支払い、春になったら「精算」されます。水道メーターの検針の方、冬は楽チン?
ジェイ
2010/11/16 06:14
ジェイさん
札幌もおもしろい!
ということは、雪国はみんなこういう方針なのかな?
我が家の台所の壁には、配管メンテ用の穴があいてまして、板を打ちつけて隠してあります。
最初から、この板はなんだろうって思ってたんだけど、最近やっとわかりました。
近いうちに、我が家の台所でこの階段4階分の配管掃除するみたいです。
とてもイヤなんですけど・・・・
ちー母
2010/11/17 18:21
釈然としない ちー母のお気楽な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる