ちー母のお気楽な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年最後の診察日

<<   作成日時 : 2009/12/17 17:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

インフルエンザにでもかからない限り、今日で年内の病院通いはおしまい。

そうはいっても、年明け4日には、また行かなくちゃいけなんだけどねぇ・・・・


夏から私の胃腸を診てくれていたドクターが、今日で病院を辞めるので、患者さんもたくさん!
なかには、診察室を出るときに「先生、また戻ってきてくださいね」っていってる人もいたわ。
私だけじゃなかったんだねぇ、名残惜しいのは。
でも、開業に向けての準備をするそうなので、戻ってはこないだろうなぁ。


ドクターへのはなむけとクリスマスプレゼントを兼ねて、いっぱい作ったくす玉ストラップの中から気に入ったのを選んでもらった。
ドクターが選んだのは、青メノウ。
とても優しい人が選ぶにはピッタリかな。
画像



胃腸の調子はとてもいいと、ドクターからはお墨付きをもらった。
2週に1回会っておしゃべりしてる感じだったので(実はヤブ?爆)これから寂しくなるなぁ・・・・


待合室で読んでた本の中に、こんな一節があった。
**********************************
「要するに若だんなは、最近ちょいと寂しかったのだ。そう思うがな」
己も兄も皆も、いつまでも、昨日と同じではいられない。
ちゃんと歩んでゆきたいと思う気持ちの傍らで、変わっていってしまうという思いが、心を震わせ乱す。
「でもなあ、大丈夫なんだよ、若だんな」
諸事、何とかなってゆくものだと、寛朝が至って安直に言い放った。

畠中恵 「ちんぷんかん」より
**********************************

そうなんだよ。
私もいつも「なるようにしかならない」って言い続けてたのになぁ。
でも「なるようにしかならない」と「なんとかなってゆく」っていうのは、微妙に違う?(笑)
これからは私も、「なんとかなってゆくものだ」って考えることにしよう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

今年最後の診察日 ちー母のお気楽な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる