ちー母のお気楽な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 賽は投げられた

<<   作成日時 : 2006/05/18 16:38   >>

トラックバック 0 / コメント 4

15日16日と入院して手術してきました。


以前からこのブログでも書いている胸のしこりですが、手術で取りました。
(以前の記事はこちら→10月-1 10月-2 11月 06年3月

5月8日。
何度目かの検査(細胞診)の結果は、私の右胸の腫瘍は良性とも悪性とも判断できないというものでした。
注射で吸い出した細胞を検査しても、確定診断はできなかったのです。

このまま、定期的に検査をしながら様子を見ることはできないのかと、主治医に聞いてみました。
『とんでもない。絶対にそんなことは勧められない。悪性の可能性も半分あるのだから摘出するべきです』と強く言われました。


そこで手術で取ることにしました。
『部分麻酔と全身麻酔と、どちらにしますか?』との問いに、かなり悩みました。
やっぱりお金がかかるしねぇ・・・・

『部分麻酔だと、麻酔が効いてるかどうか確認しながらの手術なので、時によっては麻酔の注射が増えて長引くこともあります。胸筋を結構引っ張るので、麻酔をしてるとはいえかなり痛みを我慢してもらうようになります』

寝ている間に済む、全身麻酔でお願いすることにしました。
必然的に、入院です。

30分くらいの手術だと聞いていましたが、ちー父によると、私が手術室に入ってから出てくるまで1時間半かかったそうです。

ちー父は、摘出したしこりを実際に見ながら、主治医から説明を受けたそうです。
見せられたのは、5〜6cmのがんもどきをつぶしたようなものだったそうです。
しこりの大きさは1.5cm程度と聞いていたので、ちー父もかなり驚いたようです。
(私も最初に聞いたときは、育ってしまったのか?と思いました)
退院してから主治医に確認すると、正常な組織もある程度取って一緒に検査に回すんだそうです。
比較のために必要なんだとか。

ちー父は、「あんなに取ったらちー母のおっぱいは半分になっちゃったな」と思ったそうです。
半分にはなってませんが、丘の片側が急斜面になった感じにはなってます。
でもこれは、事前に主治医から説明を受けていたので納得済みです。

最近は皮膚を縫い合わせるのではなくて、内側を縫って外側の皮膚はテープで押さえるのが主流なんだそうです。
横一文字の傷の上に、縦にテープが3本貼り付けてあります。

手術直後は出血もありましたし、浸出液も滲んでいましたが、今はすべて止まりました。


賽は投げられました。
果たして良性とでるのか、悪性と出るのか。
結果は月末になるとのことです。



全くの余談ですが
入院しての手術だったので、かなりの出費でした。
だけどちー父の勤務先の健保組合では、ひと月に個人で20000円を超える医療費を払った場合、その超えた分がかえってるっていう仕組みがあるんだそう。
一般的には約70000円を超えると戻ってくるのよね。
ちー父の持ち帰る給与明細を見て、いつもぶつくさ文句を言ってたけど、このためにたくさん引かれてたってことね。
確認してみるもんですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
おつかれさまでした。
女性としてはまるで無関心とはいえない話ですよね。
きっと私も全身麻酔をお願いするんだろうけど麻酔絡みの事件も怒っているしちょっと恐いな。
結果がいいことをお祈りしています。
ぽんのママ
2006/05/18 17:36
いよいよだったんですね。
後は結果を待つのみなのでしょうが、何事もない事を祈っております。
私は今まで職場のドックで子宮ガン検診は30過ぎてから毎年やってましたが、乳がん検診のオプションは1回も付けてませんでした。
今年からは受けようと思いました。

カオリ
2006/05/19 11:41
ぽんのママさん
なんだか手術を受ける前の方が、いろいろ悩んでいました。
でも今はサバサバしてます。
「みなさん部分麻酔でやるんですよ」とちー父は何人もの看護士さんに言われたそうです。みんな強いのね〜
ちー母
2006/05/19 18:53
カオリさん
是非、乳ガン検診も受けてください!
私は主治医に何度も言われてます。
「もし悪性でも小さいうちに処置できたので心配はいらない」って。
今回摘出したしこりは、自覚症状のないしこりだったのです。
だから今年から、ちょっと痛いけど我慢して受けてね。
ちー母
2006/05/19 18:55
賽は投げられた ちー母のお気楽な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる