ちー母のお気楽な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS セカンドオピニオン

<<   作成日時 : 2006/04/27 18:41   >>

トラックバック 0 / コメント 3

この2〜3日、悶々と悩んでおりました。



胸のしこりを取ってしまいましょうって話になってきてるんです。

現在再検査の結果待ちなんだけど、主治医の診断は前と変わらず「良性とは確定できない」と。

だから、白黒はっきりさせるためにも手術で取りましょうって。


とっさに

「セカンドオピニオンを聞いてみたい」

って言っちゃったんだ。




この「セカンドオピニオン」で悩んでいたのよ。

主治医は応じてくれたから、そちらの心配はないんだ。

それじゃあ、何を悩んでいたのか・・・・

「私は何が知りたいのか」
「私はどうしたいのか」

さらに、私が大きな間違いをしていたこともわかってね。

「セカンドオピニオン」というのは、主治医の診療方針が正しいかどうかを判断するためのものではなくて、あくまで「第三者の意見」なのよね。

「セカンドオピニオン」を聞いても、主治医のところで治療するのが原則なの。

だから主治医が信じられなかったら「セカンドオピニオン」ではなくて、新患として新たな病院にかかるってこと。

私は、主治医の説明に不信感は持ってない。

しこりを取る手術が始まってしまったら、そのまま私の意志に関係なく治療が進んでしまうようでこわかった。



私がやらなきゃいけないことは、もっと主治医と話すことだってわかってきたよ。

私の頭の中には「乳房温存」とか「乳房再生」っていう、ちょっと先のことばかりが浮かんじゃってね・・・・・

私の悪い癖だわ。

まだどうなるかもわからないことを心配して、ぐずぐず悩むこと。



連休明けにきちんと主治医と話し合ってきます。

それから「セカンドオピニオン」を聞くか、まったく別の病院に新たにかかるか、考えようと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
軽々しく書けない話題ですが・・・
「セカンドオピニオン」でなくて、違う病院に行ってみるという気持ちはないのかな?
ちゃんと伝えれば、今までの経過やフィルムなどすべてを貸してくれるはず・・・
やはり、一軒だけではなくもう一人位の意見は聞いてみるべきだと思います。

それから・・・
しこりを取るだけならば、乳房温存や再生とかいう事態には至らないのではないかと思うけれど・・・

熟慮する事は大切です。
でも、石橋を叩き過ぎて、いざ渡ろうと思ったら叩き割ってしまってた・・・
なんて事にならないようにしてね・・・
アマゾンリリー
2006/04/27 23:12
リリーさんに同感です。「セカンドオピニオン」の定義はともかく、別の意見を聴く事も必要かと思います。このケースは特に。悪性と解った訳でもないんですよね。。。??
正直、やたらと切りたがる人はいますから。
何でもないのに切られた人もいます。

>しこりを取るだけならば、乳房温存や再生とかいう事態には至らないのではないかと思う。。

これも全く同感ですが。。意味が判らない部分もあり、矢張り一度で決めるのは無理があるかと存じます。大事なお身体ですので良く考えて判断される事を願っています。
ジェイ
2006/04/28 06:05
リリーさん、ジェイさん
助言ありがとうございます。
昨日、この記事を書きながら、自分の意志を固めた感じです。
まずは主治医の方針をきちんと私が聞いて理解しなければ、他の医師にみてもらっても比較もできないということ。
すべてが、私がきちんと確認していないゆえのことです。
主治医は、ほぼ悪性だと判断してるのに細胞診でそれを確実に裏付けてくれないようなのです。
だから取って調べようと。
その場合の手術が1度ですむのかどうかとか、私が聞かなければいけないことがたくさんあります。

次に行く病院も、現在調べてるところです。
いろいろとありがとう。
がんばってみます。
ちー母
2006/04/28 09:28
セカンドオピニオン ちー母のお気楽な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる